英語 育児 幼児英語 横浜山手 英会話
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で育児 親子の記録

英語育児に挑戦しているAilaniEmilyのページです。

単数 複数の感覚

こんばんは。アイラニ エミリのブログへようこそ。

先日、日英セットで表現を導入している理由について書きました。

そして、場面ごとに頻度の高い表現を集中的にいれて、習得できたら、表現を追加したり、他の場面に移ったりして上手くいった実践について書きました。

汎化性を持たせるために、Pick up my spoon, please. のようなものは、ママからインプットしても、ターゲット表現としてこどもからアウトプットさせたい表現はPick it up, please.にしてどんなものを落としても、代名詞使用で補強していきます。補強というのは専門用語ですが、言えるようになるよう、サポートしていくと考えればよいと思います。

でも、お箸を落とした時、ミニトマトを2つ落とした時等は、Pick it up, please.は当てはまりません。複数形にしてPick them up, please.となります。日本語にはない複数形の感覚をいれていく必要があります。

Katieの場合、2歳半くらいから複数を落とした時に「マミー、ピキラッ プリージュ」と言う度に「OK. Pick them up.2つ落としたからピック デム アップだなー。」と言って違いに気付かせるようにしました。

2歳半では食いつきが悪かったので、一旦ターゲットから外し、3歳を過ぎてからまた、毎回上記のようなフォローを入れたところ、「ふたちゅ 落とちゃったからね、ピッ デムアッだよね。」と言うようになりました。

食いつきがよい時にターゲットにして毎日やると、1.2週間で気づいたころには習得しています。

複数形の感覚については、また次回続きを。

なるほど、と思ったらイイネお願いします。(^-^)